日本初の植物性カラーKhadi(カーディ)

こんにちは、eir慈のえーちゃんです〜今回はこれからのカラーについてのお話です。
今のヘアダイ・アルカリカラー・おしゃれ染め・白髪染めを今後ずっと続けられますか?
答えは正直どうかわかりません。なぜなのか?いくつか理由があります。

まずは法律です。今主流のカラー剤の染料ですが、あまり身体に良い染料ではありません。
外国ではこの染料を法律で使用を禁止している国さえあります。もう一つは過酸化水素の問題です。カラーの染料を発色させるのには過酸化水素の力が必要です。ですが、この過酸化水素が白髪を増やしてしまったり、抜け毛の原因になったりと科学の進歩により解明されてきました。

この理由により 『どうかわかりません』 という答えになっていしまうのです。
このことから、私達eir慈はいち早く動き出し、ずっと安心してそして安全なカラー剤の勉強をしてきました。
そしてそのカラーが植物性カラーの『KHADI』です。「日本初の植物染料カラー Khadi カーディ って何?」

植物性カラーKHADIって何?
この100%植物性のカーディというのはドイツに本拠地を置くカーディナチュラルプロダクトという会社の世界基準最高のオーガニック認定された安心安全なヘアカラーです。Khadiは最古の医学『アーユルヴェーダ』の哲学とつながり医学的に商品のプロセスを作り上げた製法と製造を開発し
医学とデザインをハーブを通じて効能と可能性を定義しています。

その最高のハーブを日本で初めて使えるようになりました。

「 今までのカラーと何が違うの? 」

100%植物染料カラーの特性とは

① 髪と頭皮をケアします。
ここが一番の違いかと思います。今までのカラー剤は少なくとも髪や頭皮をダメージさせていました。
この自然派カラーのKhadiカーディはハーブの効能により白髪、抜け毛の抑制や育毛効果があるので頭皮
環境や毛髪自体も良くなります。

②素晴らしい艶と質感を得ることが出来ます。
カラーへの添加剤、シリコンなどの不自然なツヤではなく、髪本来の自然な艶とダメージしていた部分
の手触りも繰り返し行うことで良い手触りになっていきます。

③健康な髪の成長を促進します。
100%植物染料カラーKhadiはハーブの効能により頭皮環境が整う事により丈夫な毛髪が成長します。

④白髪やファッションカラーに対応します。
今までのハーブカラーはヘナが有名ですが、ヘナだけではオレンジ系の色味にしか対応できずにいました。
ですが藍染のインディゴをはじめ色々なハーブを調合し、徹底した温度管理や時間、技法により様々な
色味を出せるようになったので白髪のカバーはもちろんファッションカラーにも対応出来るようになりました。

 5年後の自分(ボリューム気になるな〜)

10年後の自分(白髪は増えてるかな〜)

20年後の自分(抜け毛も心配だな〜)

白髪や抜け毛を予防する自然派カラー

『  Khadi(カーディ)』

10年後、20年後を見据えて自然派カラーを選択肢に入れて見てはいかがでしょうか?

興味のある方はスタッフまでご相談下さいませ(*^^*)